マリフアナ合法化、賛成が過半数に 米世論調査

マリフアナの合法化を支持する人が米国民の過半数に達した

マリフアナの合法化を支持する人が米国民の過半数に達した

ワシントン(CNN) 米国でマリフアナ(乾燥大麻)合法化を支持する人が過半数を超える一方で、マリフアナ吸引を不道徳とみなす人は急減していることが、CNNとORCインターナショナルが6日に発表した世論調査で分かった。

それによると、マリフアナ合法化に賛成するという回答は55%、反対は44%だった。

調査機関のギャラップが昨年10月に実施した調査でも同様の結果が出ている。

CNNなどの調査によれば、マリフアナ合法化の支持者は1987年の調査では16%にすぎなかったが、96年に26%、2002年に34%、2年前には43%へと着実に増えていた。

ただし年齢や宗教、支持政党による差は大きく、賛成派は18~34歳の層では約3分の2、34~49歳の層では64%を占めるのに対し、50~64歳の層では半数、65歳以上では39%にとどまる。性別で見ると男性は59%、女性は51%だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]