16歳で死刑判決受けた女性が出所 米

16歳で死刑判決も27年後に出所 米

(CNN) 16歳の時に殺人の罪で死刑を言い渡された米インディアナ州の女性が、27年間の服役を経て、このほど出所した。釈放を働きかけた1人は、この女性が殺害した被害者の親族だった。

ポーラ・クーパーさんは1986年、米国史上最年少の16歳で死刑を言い渡された。

インディアナ州の裁判記録によると、クーパーさんは15歳の時、友人と共にマリフアナを吸ってワインを飲んだ後、金銭を盗む目的で、聖書を教えていたラス・ペルクさん(当時78)の自宅に侵入。ペルクさんを花瓶で殴り、刃物でメッタ刺しにして殺害したとされる。

盗んだのはたった10ドルだった。

裁判所が死刑判決を言い渡したことに対し、判決を覆すよう求める運動が巻き起こり、200万人以上が嘆願書に署名。当時のローマ法王ヨハネパウロ2世も州知事に判決の見直しを求めた。

そして判決言い渡しから3カ月後、クーパーさんを許すと表明して助命に賛同したのが、殺害されたペルクさんの孫のビル・ペルクさんだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]