車乗っ取られボストン爆破容疑者と90分、男性が語る

ボストン爆破容疑者との90分 車奪われた男性が語る

ニューヨーク(CNN) 米国人への憎悪を口にする容疑者に、自分は中国人だと強調して助かった――。米ボストン・マラソン爆破事件の容疑者兄弟が逃走中に奪った車を運転していた実業家の男性、ダニーさん(仮名)が、インタビューで車内での会話などを振り返った。

CNNは男性のプライバシーと安全を考慮して、本名を非公開としている。

兄のタメルラン・ツァルナエフ容疑者と弟のジョハル容疑者は4月18日、ボストン・マラソンのゴール付近で爆破事件を起こし、3日後にマサチューセッツ工科大学構内で警官を射殺した後、ダニーさんの運転するベンツのSUV(スポーツ用多目的車)に侵入したとみられる。

兄のタメルラン容疑者は助手席に乗り込んだ直後、ダニーさんに自分たちが爆破事件の犯人だと告げた。「まるで映画のようだろう」とも話していた。弟のジョハル容疑者は当初、別の車でついてきたが、やがてその車を乗り捨ててダニーさんの車に移った。

タメルラン容疑者は口数が多く、ダニーさんに指示を出したり、米国人への嫌悪感を詳しく語ったりしていた。ダニーさんの出身や家族のことを繰り返し質問し、「協力すれば殺しはしない」と話した。弟はおとなしく、兄が次々と出す命令に従っていた。弟がただひとつ、ダニーさんに尋ねたのは、ベンツの値段だけだったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]