オバマ米大統領、2期目の心境をネタにジョーク連発

オバマ大統領がジョーク連発

(CNN) オバマ大統領はこのほど、毎年恒例となっているホワイトハウス記者クラブ主催の夕食会で、2期目の任期に臨む心境などをネタにジョークを連発し、集まった各界の著名人らを沸かせた。

オバマ大統領は米ラッパー、DJキャレドの音楽に乗って登場。過去に「隠れイスラム教徒」「社会主義者」などと批判されたことを逆手に取り、「最近鏡を見て思うのは、自分がもはや、かつてのように若く屈強なイスラム教の社会主義者ではない、ということだ」と嘆いてみせた。

今月初めにカリフォルニア州の女性司法長官、カマラ・ハリス氏を「全米で一番きれいな司法長官」と紹介してセクハラ発言との批判を浴びたことを「初歩的なミス」と振り返り、「お察しの通り(ホワイトハウスに)帰ってからが大変だった。(米司法長官の)エリック・ホルダーがあんなに傷付きやすい人だったとはね」と話して笑いを誘った。

政権2期目へ向けたイメージチェンジとして、最近前髪を下ろしたミシェル夫人の髪型をまねようとも考えたと話し、合成写真を披露して「いまひとつ似合わなかった」と認めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]