8歳少女、水族館のイルカに手噛まれる 米フロリダ州

2012.12.04 Tue posted at 11:00 JST

[PR]

(CNN) フロリダ州オーランドの水族館シーワールドで、イルカの餌付けをしていた8歳の少女がイルカに手を噛まれてけがをする事故があった。園の対応に不満を持った父親が、動画共有サイトのユーチューブに動画を投稿して発覚した。

事故があったのは11月21日。少女は数人の観客とともにイルカのプールの前に並んで餌付けをしていたが、餌の入っていた紙皿を手に持ったところ、イルカが飛びついてきて噛みついた。イルカはすぐに離れたが、少女の手には噛み傷が3カ所残った。

少女は「水の中に引きずり込まれるかと思った。それに、手を食べられそうな気がした」と振り返っている。紙皿はうっかり手に持ってしまったという。

シーワールドは、その場にいたスタッフがすぐに対応し、少女の手当てをしたと説明している。

一方、父のジェイミー・トーマスさんは、イルカに噛まれる危険があることについて観客に注意を促す表示がなかったと話し、園の事後対応にも問題があったと主張。事態を公にして是正を促す目的で動画を投稿したと話している。

これに対してシーワールドは、紙皿を持ち上げてはいけないことも含めて、餌付けの方法については観客にはっきり説明したと反論している。

メールマガジン

[PR]