「時限装置」で乗客逮捕、実はただの腕時計 米空港

(CNN) 米カリフォルニア州サンフランシスコ近郊のオークランド国際空港でこのほど、時限装置のようなデザインの腕時計を着けて検査ゲートを通過しようとした男性が逮捕され、ゲートが一時閉鎖されるなどの騒ぎがあった。その後の当局の調べで、時計に爆発物は仕掛けられていないことが分かった。腕時計の持ち主は、これを「芸術作品」と主張しているという。

地元保安局によると、騒ぎが起きたのは15日夜。問題の腕時計には切り替えスイッチが付いていて、配線や導火線のようなものが何本も出ていた。男性は爆弾作りの材料を所持していた疑いで逮捕されたという。このターミナルのゲートは一時閉鎖された。

爆弾処理班が出動して調べたところ、時限装置の機能はないことが判明した。捜査に協力している米連邦捜査局(FBI)の報道官も、「爆発物は発見されなかった」と述べた。捜査当局筋がCNNに語ったところによると、テロとの関連はないとみられる。

CNN系列局によれば、男性はこの腕時計が「芸術作品」だと主張している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]