米副大統領候補討論会、48%が「ライアン氏勝利」 CNN調査

米副大統領討論会、両者の応酬の様子を映像で

(CNN) 11月の米大統領選に向けた副大統領候補のテレビ討論が現地時間の11日夜、ケンタッキー州ダンビルで行われ、民主党のジョー・バイデン副大統領(69)と共和党の副大統領候補ポール・ライアン下院議員(42)が1度きりの対決に臨んだ。CNNと世論調査機関ORCが討論会直後に行った調査によれば、討論会を視聴した登録有権者の48%がライアン氏が勝利したと答えた。バイデン氏が勝利したと答えたのは44%だった。

討論は、在リビア米領事館が9月11日に襲撃された事件についての論議で幕を開けた。米国人をテロから守れなかったオバマ政権の失策としてこの事件 をやり玉に挙げたライアン氏に対し、バイデン氏は、ライアン氏が支持していた予算案に従えば、外交施設の警備費なども削減されていたはずだと述べ、「彼が 言ったことで正確なことは1つもない」と反撃した。

経済問題に論議が移るとバイデン氏は、「米国人の47%は政府に依存している」としたロムニー氏の失言を引き合いに出して攻勢をかけた。一方、ライアン氏はバイデン氏の地元で失業率が悪化していることを材料に、雇用や景気の問題をめぐって政権批判を展開した。

このほか医療保険改革、宗教と人工妊娠中絶の問題などをめぐっても激論が交わされた。

評論家らは今回の討論内容について、前回の大統領候補者討論会に比べると、はっきりとした勝敗を付けがたいと論評している。

次の討論会は16日にニューヨーク州ヘムステッドのホフストラ大学で開かれ、オバマ大統領とロムニー氏が再び対決する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]