ホテル宿泊客の満足度が低下、背景に料金値上がり 北米調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北米では今年、宿泊客のホテルに対する満足が昨年よりも低下したという/Johannes Kroemer/Image Bank RF/Getty Images

北米では今年、宿泊客のホテルに対する満足が昨年よりも低下したという/Johannes Kroemer/Image Bank RF/Getty Images

(CNN) 北米で昨年から今年にかけてホテルを利用した宿泊客の満足度は、前の年に比べて下がっていたことが分かった。料金の値上がりによる影響が大きいとみられる。

米コンサルティング会社、J.D.パワーが13日、北米での2022年版の調査結果を発表した。

今年5月までの1年間に101のホテルチェーンのどれかを利用した3万4407人に対し、150問以上のアンケート調査を実施した。

その結果、総合的な満足度は1000点満点中822ポイントと、20~21年の830ポイントを下回ったことが明らかになった。

J.D.パワーのホスピタリティー部門を率いるアンドレア・ストークス氏は「統計的に意味のある差」だと指摘する。

特に料金への満足度は、昨年より18ポイントも下がっていた。ストークス氏によれば、同社の調査では通常、数字に大きな変動がなく、2けたの下落幅は異例だという。

「今は通常の時期ではない。パンデミックの影響が残るうえにインフレもある」と、ストークス氏は指摘する。1泊分の料金の平均は、調査対象の1年間で34.8%も上がった。

客室への満足度も前回より10ポイント下がっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]