高さぎりぎり、巨大スーパーヨットが橋の下を通過 オランダ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
閘門を通過する際も両側の隙間は目一杯/Heesen/SWNS

閘門を通過する際も両側の隙間は目一杯/Heesen/SWNS

また水位が高すぎてマース川の橋の下を通過できず、いったん停止して、橋の下をぎりぎり通過できる水位に下がるまで待つ場面もあった。

ヒーセンの広報担当は「このサイズの豪華船が内陸をクルージングする際にはこれが標準的なやり方となる」「潮位が下がるのを待つのはいつものこと」と説明する。

ヒーセンによると、こうした運航には少なくとも3~4カ月の準備が必要で、事前にさまざまな許可や認証を入手したという。

ギャラクティカはビーチクラブや映画館に変形するヘリ甲板を備える。今月12日にハーリンゲン港に無事到着しており、間もなく海上公試が始まる予定だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]