中国、時速600キロの磁気浮上式鉄道車両を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中国中車の磁気浮上式鉄道の車両/Costfoto/Barcroft Media/Getty Images

中国中車の磁気浮上式鉄道の車両/Costfoto/Barcroft Media/Getty Images

(CNN) 中国国有の鉄道車両製造大手、中国中車はこのほど、時速600キロで走行する磁気浮上式鉄道の車両を公開した。

山東省青島市で披露されたこの車両は鉄道として世界最速級とみられる。中車の幹部は中国メディアに、騒音公害も低水準に抑えられ、他の高速鉄道に比べてメンテナンスの負担も軽いと利点を挙げた。

この車両の試作品は2019年に公開されていた。中国は同年、主要都市間を「3時間の交通圏」で結ぶ野心的な計画を打ち出している。

中国は高速鉄道の拡充を重要課題に掲げ、主要都市間の接続を強化して移動の時間と費用の節減を図りたい考え。

現在、中国で営業運転する高速鉄道は平均で時速約350キロ。一方、飛行機は時速800~900キロで、今回披露されたタイプの車両はその間を埋める位置付けとなる。

この車両は時速600キロで走行するという/Feature China/Barcroft Media/Getty Images
この車両は時速600キロで走行するという/Feature China/Barcroft Media/Getty Images

ただ、発表車両が走る路線網が完成しておらず、営業運転の開始はまだ先となる。

現在中国で営業している磁気浮上式鉄道は上海浦東空港と竜陽路駅を結ぶ路線で、最高時速430キロで30キロの道のりを約7分半で走る。他にも上海と杭州、成都と重慶を結ぶ路線などで建設が進行中と伝えられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]