グラスボトムの「パンダ列車」登場、観光需要に期待 中国・成都

中国・成都にグラスボトムの「パンダ列車」が登場した/CCTV

中国・成都にグラスボトムの「パンダ列車」が登場した/CCTV

(CNN) ジャイアントパンダの繁殖計画で知られる中国南西部・四川省の成都に、グラスボトムの「パンダ列車」が登場した。

6月26日にデビューした列車は床の部分がガラス張りで、天井部を除く270度の眺望が楽しめる。列車の先頭部のデザインはパンダに似せてある

リチウム電池を使ったモノレール式の列車は、「大邑空鉄プロジェクト」で建設された。全長は約11.5キロで、現在は大邑駅など4駅に停車。大邑駅では成都高速鉄道や地下鉄に接続している。

1車両の定員は120人で、床などのガラスは軽量のカーボンファイバー素材を使用。ガラスが熱を反射することから、エアコンを使って温度を調節している。

列車は床の部分もガラスとなっている/CCTV
列車は床の部分もガラスとなっている/CCTV

速度は地下鉄とほぼ同じ時速約80キロで走行でき、地元の通勤客よりも、観光客の利用を見込む。

成都では新空港の天府国際空港も開業し、6月25日に最初の便が到着している。

列車は時速80キロで走行する/CCTV
列車は時速80キロで走行する/CCTV

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]