コルコバードのキリスト像、5カ月ぶりに再開 ブラジル

コルコバードのキリスト像が5カ月ぶりに営業を再開した/MAURO PIMENTEL/AFP/AFP via Getty Images

コルコバードのキリスト像が5カ月ぶりに営業を再開した/MAURO PIMENTEL/AFP/AFP via Getty Images

(CNN) 南米ブラジルの観光名所であるコルコバードのキリスト像や巨大な奇岩の「パン・デ・アスーカル」の営業が5カ月ぶりに再開された。これまでは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて閉鎖されていた。

営業は15日に再開するが、訪問者の人数は制限される。

コルコバードのキリスト像は15日午後に観光客の受け入れを再開した。観光用のバンの収容人数は半分に、観光用列車も25%の定員で運行される。

パン・デ・アスーカルや水族館など他の観光地でも検温を含む同様の対応が実施される。

奇岩「パン・デ・アスーカル」(右)の眺め=16日/MAURO PIMENTEL/AFP/AFP via Getty Images
奇岩「パン・デ・アスーカル」(右)の眺め=16日/MAURO PIMENTEL/AFP/AFP via Getty Images

今回のキャンペーンではリオデジャネイロ州の人々に対し入場料を半額にすることで観光地に出向くよう促している。

ブラジルは先ごろ、新型コロナウイルスによる死者数が10万人と突破した。死者数は米国に次いで世界2位の水準。感染者の数も300万人を超えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]