香港ディズニーが18日再開 事前予約制、ミッキーとの触れ合いもなし

新型コロナの影響で休園していた香港ディズニーランドが今月18日から営業を再開する/Handout/Getty Images AsiaPac/Getty Images

新型コロナの影響で休園していた香港ディズニーランドが今月18日から営業を再開する/Handout/Getty Images AsiaPac/Getty Images

香港(CNN) 香港ディズニーランドが今月18日から営業を再開する。新型コロナウイルスの影響で休園していたディズニーのテーマパークの再開は、上海に次いで世界で2番目。

香港ディズニーランドは系列ホテルや一部の飲食店を除き、1月26日から休園していた。

香港に先駆けて5月11日に営業を再開した上海ディズニーランドでは、互いに間隔をあけるソーシャル・ディスタンシング対策が徹底され、入場者も従業員もマスクを着用している。

香港ディズニーランドも同様の対策が講じられる見通し。混雑を防ぐため、入場は最大で7日前からインターネットで予約する必要がある。入場の際は体温を測定され、マスク着用を求められる。

年間パスポートを持っている場合は優先的に予約を受け付ける。

ミッキーやミニーなどのキャラクターと一緒に写真を撮るなど、至近距離での触れ合いはできなくなる。ただ、距離を保ったうえでショーなどを観覧することはできる。

香港では新型コロナウイルスの症例が初めて確認された1月から徹底した対策に乗り出した。これまでに確認された症例は1110例、死者は4人にとどまっている。

香港ディズニーランドでは、新しい「眠れる森の美女」の城の建設が最終段階に入っているほか、映画「アナと雪の女王」をテーマにしたエリアも建設されている。

中国以外では、米カリフォルニア州とフロリダ州、日本、フランスのディズニーのテーマパークは今も休園が続いている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]