イタリアに初のモルモン教会、バチカンの近所に開設

カトリック教会の中心地ローマに、モルモン教の教会が開設された/LDS Church

カトリック教会の中心地ローマに、モルモン教の教会が開設された/LDS Church

(CNN) イタリアの首都ローマにこのほど初めて、末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)の教会が開設された。すぐ近くにはカトリック教会の総本山バチカンがあり、関係者は新しいモルモン教会も、信者の巡礼の地としたい意向。

モルモン教の十二使徒の1人、ロナルド・ラズバンド氏は、キリスト教の中心地としての歴史を理由にローマの地を選んだと説明。バチカンとも話し合い、2つの教会が社会問題に協力して取り組むことにしたとしている。

ガラス、水晶、純金をあしらったシャンデリアが室内を飾る/LDS Church
ガラス、水晶、純金をあしらったシャンデリアが室内を飾る/LDS Church

モルモン教会の建物の面積は約3700平方メートル。イタリアの大理石や花崗岩(かこうがん)で建造され、スワロフスキーとムラーノのガラスや純金をあしらったシャンデリアが飾られている。建設費は明らかにしていない。

教会は主に洗礼や結婚などの目的で使われ、中に入ることができるのは信者のみ。礼拝に出席する信者が着替えるためのシャワーやロッカールームも用意されている。

洗礼用の水槽/LDS Church
洗礼用の水槽/LDS Church

末日聖徒イエス・キリスト教会は米ニューヨークで1830年、ジョセフ・スミスによって創設された。同教会によると、信者は世界で約1600万人。このうちイタリアの信者は6000人程度とされる。

イタリアのモルモン教会は世界で162番目、欧州では12番目となる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]