時速100キロで「空を飛ぶ」 NZに新たな冒険アトラクション

スリル満点の「ネビス・カタパルト」

(CNN) バンジージャンプで物足りなければ、ゴムパチンコの玉になったようなスリルはいかが――。冒険好きのメッカ、ニュージーランドに新たなアトラクションが登場した。

ここは同国南島のクイーンズタウン近郊にあるネビス渓谷。バンジージャンプ発祥の地として知られるこの場所に新設されたのは、スリル満点の「ネビス・カタパルト(投石機)」だ。

四輪駆動の車で渓谷に到着し、ヘルメットと装具を着けたら準備は完了。高さ150メートルの空中に勢いよく放り出されて前方へ進む。1.5秒後には時速100キロ近いスピードに達し、そのまま3~4分間飛び続けることができる。

ただし、挑戦するには年齢13歳以上、体重27キロ以上という制限がある。料金は255NZドル(約1万9000円)。事前に病歴などの質問フォームに記入しなければならない。

この地域ではほかにも、リマーカブルズ山脈とワカティプ湖の美しい風景や、ピノ・ノワールなどのおいしいワインを楽しむことができる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]