巨大アヒルの「ラバーダック」、今度は台湾に出現

ラバーダックが今度は台湾・高雄市の港に出現

ラバーダックが今度は台湾・高雄市の港に出現

(CNN) 大阪や香港で話題を呼んだ巨大な黄色いアヒルのオブジェ「ラバーダック」が台湾・高雄市の港に出現し、大勢の見物客が押し寄せている。

ラバーダックはオランダ人アーティストのフロレンタイン・ホフマンさんが制作したオブジェで、高さ18メートル、空気で膨らませて港に浮かんでいる。5月から6月にかけて香港で旋風を巻き起こしたのに続き、19日に高雄市に登場した。

過去5日間で見物に訪れた人は50万人あまり。台風19号(ウサギ)の到来で展示が中止された21日も見物人が絶えなかった。

今回の展示は、2009年に大阪にいたラバーダックを高雄市の当局者が見物に訪れたことをきっかけに実現した。市の当局者は「ラバーダックが今年香港に来ると知って、ホフマン氏に高雄市の写真を送り、市長からも手紙を出した」と説明する。

この当局者によると、今年6月の時点でホフマンさんには300以上の都市から次の展示の引き合いがあった。しかし高雄市の熱意に押されて展示が決まったという。

香港では空気が抜けてしぼむなどのトラブルにも見舞われたことから、高雄市は「悪天候や見物人によるいたずらなどに備えた緊急対策を策定した」という。

空気の注入には同市が作成した新しい空気入れを使い、通常なら1時間かかるところを7分で膨らませることができるようにした。

高雄市での展示は10月20日まで。その後は台湾北部の桃園や基隆への移動を予定している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]