ファーストクラス vs ビジネスクラス、価値があるのは?

(CNN) ファーストクラスとビジネスクラスには料金に大きな差がある。

例えば、全日空(ANA)か日本航空(JAL)で東京発ロンドン行き直行便ファーストクラスのプライベート・スイートを利用すると、料金は2万7000ドル(約250万円)かかる。しかし、ANAのビジネスクラスなら料金は9000ドル(約85万円)ほどで済む。

また、プライベートにあまりこだわらないなら、イギリスの航空会社ヴァージン・アトランティック航空の直行便ビジネスクラスを利用する手もある。こちらは東京、ロンドン間がわずか4900ドル(約46万円)で、サービスも充実している。

直行便でなくてもいいから、どうしてもファーストクラスがいいという人は、中国南方航空ならわずか1万1465ドル(約107万円)でファーストクラスに乗れる。

果たしてファーストクラスには高額な料金を支払うだけのメリットはあるのだろうか。

目に見えない差

「開放的なスイート」のファーストクラスにしても、フルフラットシートのビジネスクラスにしても、直行便か乗継便かや、空と地上で受けられるサービスによって料金は大きく異なる。

人気のニューヨーク、フランクフルト間のルートがいい例だ。

フランクフルト発ニューヨーク行き直行便ファーストクラスの利用者は、機内だけでなく地上でも多くのサービスを受けられる。

ルフトハンザ航空は、フランクフルト国際空港にファーストクラスの乗客専用のラウンジを設置しているほか、深夜のフライトで、機内で食事を取らずに寝たいという乗客に、搭乗前にフルコースのディナーを提供している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]