ファーストクラス vs ビジネスクラス、価値があるのは?

これに対し、ルフトハンザのバッケンバーグ氏は、今でもプライバシーが確保されたスイートを希望する顧客層は存在すると主張する。

バッケンバーグ氏によると、企業幹部や投資家、ハリウッドスターなどは、料金が高くても、機内と空港で充実したサービスを受けられるファーストクラスを選ぶという。

バッケンバーグ氏は、「ルフトハンザはファーストクラスの維持に多額の資金を投じてきた。多くの航空会社が、採算が取れないという理由でファーストクラスを廃止しているためだ」と述べ、「たとえ料金が高くてもファーストクラスに乗りたいという客は存在する。まだ需要はある。ただ、どこにでもあるわけではない」と付け加えた。

あいまいになりつつあるファーストクラスとビジネスクラスの境界線

英国の航空会社ヴァージン・アトランティック航空は、創業以来ファーストクラスを提供していない。

しかし、「アッパークラス」と呼ばれる同社のビジネスクラスは、ビジネスクラスの料金でファーストクラス並みのサービスが受けられる、と同社の広報担当アンナ・キャッチポール氏は語る。

キャッチポール氏は「アッパークラスのスイートは、最も快適なベッドと最も快適なシートの両方の役割を果たす設計になっている」と述べ、さらに次のように続けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]