独フランクフルト空港の「動物ラウンジ」盛況、客数は世界最多

ご主人さまとの再会を待つ犬=ルフトハンザ提供

ご主人さまとの再会を待つ犬=ルフトハンザ提供

(CNN) 欧州の空の表玄関の1つであるドイツのフランクフルト国際空港にペットや動物園、保護区などに向かう動物専用の「ラウンジ」が登場し、盛況を呈している。

ドイツの大手ルフトハンザ航空が運営するもので、このラウンジを利用した動物の数は昨年、1億以上に達し、この種の処理件数では世界の空港で最多。昨年の統計では馬2000頭、猫や犬1万4000匹、観賞用の魚類8000万匹、虫類300トンなどを迎え入れた。

空港運営に当たる業者の団体である空港国際協議会によると、フランクフルト国際空港を利用した乗客は昨年5640万人で世界では9位だった。

ラウンジは2008年に開所したもので、施設の広さは約3750平方メートル。施設の責任者によると、動物の快適な滞在を図るため床には滑り止めの工夫を施し、部屋は温度調整方式となっている。

獣医や資格のある調教担当者ら約60人が24時間態勢で勤務し、動物に接している。空港に一時滞在の動物も受け入れ、檻(おり)からの出し入れを手伝ったり、食事を与えたりする。責任者は、動物の種類は非常に多様で、毎日が新たな勉強の繰り返しと説明している。

これら動物の大部分は旅客機下部にある荷物室に乗せられて到着する。しかし、ルフトハンザ航空はイスラエルからフィリピンへ向かうカバを始め、サイやワニなどあらゆる種類や大きさに対応する専用貨物機数18機を保有している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]