ザンビアでSNSやメッセージアプリが不通か、大統領選と議会選の当日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
票を投じた女性=12日、ザンビア・ルサカ/PATRICK MEINHARDT/AFP/Getty Images

票を投じた女性=12日、ザンビア・ルサカ/PATRICK MEINHARDT/AFP/Getty Images

(CNN) アフリカ南部のザンビアで12日、フェイブックやワッツアップ、ツイッターなどのSNSやメッセージアプリが不通になった様子だと、フェイスブックの広報担当者がCNNに語った。同日は大統領選や議会選の投票日に当たる。

この広報担当者は状況を調査中だと述べた。CNNは独自にSNSの不通を確認していない。ザンビア政府や大統領府にコメントを求めたが、現時点で応答はない。

ザンビアの選挙委員会は、同日の選挙が「前例のない」投票率になったと報告した。投票締め切りの午後6時になっても多くの投票所に長蛇の列があり、全員が投票できるように「緊急時の対応」をとったという。

再選を目指す現職ルング大統領に対し、実業家のハカインデ・ヒチレマ氏が有力な対抗馬となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]