アリババ、「独身の日」セールで売り上げ7.9兆円 過去最高更新

通販大手アリババ集団が今年のセールの売り上げが過去最高となったことを明らかにした/Shutterstock

通販大手アリババ集団が今年のセールの売り上げが過去最高となったことを明らかにした/Shutterstock

香港(CNN Business) 中国でインターネットの通販各社が一斉にセールを行う11月11日の「独身の日」で、同国ネット通販大手アリババ集団は12日、今年のセールの売り上げが過去最高となる4982億元(約7兆9000億円)に達したと発表した。新記録の達成は、中国による新型コロナウイルスの感染封じ込め成功のアピールにもつながりそうだ。

上記のアリババの金額には、今月初めに開催した3日間のセールの売り上げも含まれる。昨年の同期間の売り上げと比べて26%増加したという。

市場調査会社フォレスターのアナリストは「中国経済は力強く回復しており、消費者の購買行動はパンデミック(世界的な流行)以前を上回るほどではないにせよ、すでにその水準には戻っている」と分析した。

先月の発表によれば、中国経済は2四半期連続での伸びを記録。パンデミックからの回復の早さを印象付けていた。数カ月にわたる店舗の閉鎖や消費者の巣ごもりで被った損失を取り返すべく、今回の「独身の日」のセールには多くの企業が並々ならぬ期待をかけていたとみられている。

市場調査会社オリバー・ワイマンの調べによると、中国の消費者の86%が今年の「独身の日」に去年と同等かそれ以上の支出をするつもりだったという。

一方残りの14%は、パンデミックで将来の不透明性が増したことを理由に去年よりも支出を減らすと回答した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]