米、ティックトックとウィーチャットのダウンロード禁止 20日から

米政府がティックトックとウィーチャットへのアクセスを制限すると発表/Shutterstock

米政府がティックトックとウィーチャットへのアクセスを制限すると発表/Shutterstock

ワシントン(CNN Business) 米商務省は18日、動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」と対話アプリ「微信(ウィーチャット)」に対するトランプ政権の大統領令が発効する20日に、両アプリへのアクセスを制限すると発表した。

商務省によると、アプリストアで両アプリを配信または維持する一切の行為は20日時点で禁止される。現時点でアップルとグーグルのコメントは得られていない。

既に両アプリをダウンロードしたユーザーは使用を継続できる可能性があるが、更新版のアプリはダウンロードできなくなる。

ロス商務長官は18日午前、FOXビジネスに対し、唯一の実質的な変化は「(ティックトックの利用者が)20日夜の時点でアプリの改良版、更新版、アップグレード版、メンテナンスを利用できなくなることだ」と説明した。

ウィーチャットに対する制限はさらに広範で、同アプリに関連するトラフィックは20日からホストや転送が違法となる。ティックトックについても11月12日に同様の制限が適用されるという。

トランプ政権は現在、ティックトックの親会社に当たる中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)と米オラクルの提携案を審査中。提携案はティックトックに関する安全保障上の懸念の解消を目的としたもので、交渉成立の期限は11月12日となる。

ティックトックは声明で、政権の発表に対する異議と失望を表明し、「米国内のユーザー1億人はティックトックを愛している。娯楽と自己表現、つながりを確保する場所だからだ」と述べた。

ウィーチャットを保有する中国IT大手の騰訊(テンセント)は、商務省が示した制限の内容を精査中としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]