アリババの香港上場、1.4兆円規模の見通し

香港市場で上場するアリババ。調達規模は今年最大になるとみられる/Shutterstock

香港市場で上場するアリババ。調達規模は今年最大になるとみられる/Shutterstock

香港(CNN Business) 中国のネット通販最大手アリババが26日に予定している香港市場での上場は、公募価格が1株176香港ドル(約2600円)、調達規模は最大129億ドル(約1兆4000億円)に上る見通しとなった。事情に詳しい関係者がCNN Businessに語った。

アリババは先週、公開価格の上限を1株188香港ドルに設定していた。調達資金は米配車サービス最大手ウーバーが5月にニューヨークで上場した際の81億ドルをはるかに上回り、世界で今年最大規模となることが予想される。

新株には投資家から予想を上回る注文が入り、受付を半日早く締め切った。

同社は2014年、ニューヨーク市場への上場で250億ドルを調達し、当時の最高記録を更新していた。

香港は長引くデモの影響で景気後退に陥り、主要50銘柄で構成されるハンセン指数は先週4.8%下落した。今週はデモ隊による大学占拠で衝突が激化したものの、同指数は約2.2%高に持ち直している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]