ドイツ警察、スマートスピーカー収集のデータにもアクセス求める

ドイツ警察はスマートスピーカーが収集したデータにもアクセスしたい意向だという/GRANT HINDSLEY/AFP/Getty Images

ドイツ警察はスマートスピーカーが収集したデータにもアクセスしたい意向だという/GRANT HINDSLEY/AFP/Getty Images

ベルリン(CNN) ユーザーの日常生活に関するデータを収集しているスマートフォンや仮想アシスタント。ドイツの国家警察は、そうしたスマートフォンのデータだけでなく、「Google Home」や「Amazon Echo」といったスマートスピーカーが収集した情報にもアクセスを要求したい意向だ。

ドイツ内務省はこの問題について話し合う会議を10日の週に開く。報道官は4日の記者会見で、「効率的に犯罪と戦うため、そうしたデバイスが収集したデータに連邦当局や州当局がアクセスできることは、極めて重要だ」と強調した。

これに対してベルリン自由大学教授でインターネット政策に詳しいジャネット・ホフマン氏は、「彼らは自分たちが計画していることの違憲性を十分認識している。私の予想では、データ保護当局が介入するだろう」と予想。「公共の場に比べ、自宅は今も神聖な場とみなされている。裁判所の命令のみを理由に、自宅での行動が全て追跡され、データが司法当局に提供される可能性があることは、非常に恐ろしい」と指摘した。

デジタルプライバシーの線引きに苦慮している国はドイツだけではない。だが、かつて東ドイツの秘密警察が市民を監視した歴史をもつ同国は、プライバシー問題については特に敏感で、世界の中でも特に厳格なプライバシー法が制定されている。

Google HomeやAmazon Echoといったデジタルアシスタントの場合、収集されたデータのほとんどはドイツではなく、米国などの国外で保存される。欧州委員会は6日に開いた安全保障同盟の会合で、ドイツを含む加盟国が、別の国で収集されたデジタル証拠にアクセスできるようにする提案について話し合った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]