天の助け?、ハトが飛来し速度違反者の顔隠す 罰金免除に 独

突如飛来したハトがドライバーの顔を隠し、速度違反の処罰が不可能となる事態に/Police NRW Viersen

突如飛来したハトがドライバーの顔を隠し、速度違反の処罰が不可能となる事態に/Police NRW Viersen

(CNN) ドイツでこのほど、速度違反を犯したドライバーが取締装置によって写真を撮られたにもかかわらず、偶然車外を飛んでいた白いハトの陰に顔が隠れたおかげで、罰金の支払いを免れる出来事があった。警察が神がかり的な強運の持ち主として画像をソーシャルメディアに投稿し、話題となっている。

身元不明のこのドライバーは今月21日、ドイツ西部フィーアゼンの道路を、法定速度を上回るスピードで走行した。現場の取締装置が反応したが、記録写真を撮影するまさにその瞬間、どこからともなく白いハトが飛来し、ドライバーの顔を隠す形で写真に写り込んでしまった。

ドライバーの身元が正式に特定されない場合、警察は速度違反を罰することができない。

地元警察は当該の画像をフェイスブックの公式ページに投稿。冗談めかして、「聖霊」がハトを絶妙なタイミングでその場に遣わし、ドライバーを処罰から守ったのかもしれない、とのコメントを添えた。

白いハトは、聖書の記述の中で聖霊の象徴としてよく用いられる。聖霊は、キリスト教の「三位一体」の概念を構成する位格の1つ。

神がドライバーに救いの手を差し伸べた可能性があるとしたうえで、警察は今回に限りドライバーの処罰を求めない意向を表明。ジョークはなおも続き、ハトの飛行速度の違反についても目をつぶるとした。

ハトで顔が隠れなければ、ドライバーには105ユーロ(約1万3000円)の罰金が科せられることになっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]