NZ銃乱射の動画拡散、ソーシャルメディアが対応に追われる

現場一帯を封鎖する警察官/Diederik van Heyningen/Anadolu Agency/Getty Images

現場一帯を封鎖する警察官/Diederik van Heyningen/Anadolu Agency/Getty Images

香港(CNN Business) ニュージーランドのモスク(イスラム教礼拝所)で起きた銃乱射事件の様子を捉えたとみられる映像がインターネット上で拡散し、フェイスブックやユーチューブ、ツイッターは対応に追われている。

事件は南島クライストチャーチにある2カ所のモスクで発生。これまでに49人の死亡が確認された。

銃撃犯の1人はフェイスブックで襲撃の様子を生中継していたとみられる。動画は17分近く続き、この男がモスクに入って発砲する場面を映しているとされる。CNNは動画の信ぴょう性を確認していない。

フェイスブックでオーストラリアとニュージーランドの規約責任者を務めるミア・ガーリック氏は声明で「中継開始直後にニュージーランド警察からフェイスブック上の動画について注意を促され、銃撃犯のフェイスブックとインスタグラムのアカウントおよび問題の動画を速やかに削除した」と述べた。

しかしフェイブックやユーチューブ、ツイッターでは、事件の数時間後になっても動画の複製が出回り続け、各社の有害コンテンツの管理能力に新たな疑念が生じる結果となった。

ガーリック氏は、フェイスブックは「今回の犯行や銃撃犯を称賛または支援する内容を把握次第削除する」としている。

ツイッターは、今回の銃撃に関連するアカウントを停止したとし、サイト上から問題の動画を削除すべく取り組んでいると説明した。

グーグルの広報担当者によると、傘下のユーチューブは「ショッキングで暴力的な生々しいコンテンツ」を把握次第削除する方針。

ニュージーランド警察はソーシャルメディアの利用者に対し、問題の動画を共有しないよう要請。削除依頼を試みていることも明らかにした。

CNNはこの動画について、詳細を把握するまで追加の情報を掲載しない方針を決めた。

米連邦捜査局(FBI)の元捜査官でCNNの法執行アナリスト、スティーブ・ムーア氏は動画の拡散を受け、「私が一般の人々に問いかけたいのは、テロリストを支援したいのかということだ。動画をシェアすればまさに支援していることになる」と注意を促した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]