君の瞳はうそをつけない AIは気付いている<上>

2017.12.30 Sat posted at 18:30 JST

[PR]

ワシントン(CNNMoney) 人間の瞳孔はうそが下手だ。

科学者らはずっと前から分かっていた。人はうそをつく時、瞳孔がかすかに拡張する。ただ、ごくわずか変化なので、普通の人は気付かない。

しかし、米ユタ州に拠点を置くコンベラスという企業が、カメラを使って眼球の動きを追跡し、うそを感知する検査技術を開発した。「アイディテクト」と呼ばれるこの技術は、長年うそを見破るのに一般に用いられてきたポリグラフ検査に比べコストが安く、よりバイアスの少ない手段として人気が高まっている。

2014年に発売されたアイディテクトは、現在34カ国で就職面接や企業調査の一環として利用されている。例えば、中南米の銀行では、自行の窓口係が信用できるか否かを判断する手段としてこの技術を利用している。このアイディテクトの確度は、ポリグラフと同様に90%近いことが調査で示されている。

アイディテクトの被験者は机に座り、タブレット上で〇×式の質問に答える。その間、赤外線カメラが被験者の眼球の動き、まばたき、瞳孔の拡張を追跡する。そして30分後、アルゴリズムが被験者のうその度合いを0~100の尺度で採点する。

アイディテクトの装置の価格は4000ドル(約45万円)で、さらにテスト1回ごとに50~150ドルの費用がかかる。一方、ポリグラフ検査の費用は数百ドル以上で、調査内容によって変わる。いくつかのテストでは連邦政府は2200ドルも払っている。

米国では、一部の地方捜査当局や民間調査機関がアイディテクトを使用し始めている。

メールマガジン

[PR]