グーグル、眼球に埋め込む「サイボーグレンズ」を特許申請

2016.05.05 Thu posted at 14:47 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 米検索大手グーグルは5日までに、コンピューターを搭載したレンズを直接眼球に埋め込む新技術の特許を申請した。

グーグルはこれまでにも、眼鏡型のスマートグラスや、スマートコンタクトレンズを開発してきた。だが、今回特許を申請した新技術は、そのさらに先を行くものだ。

特許申請書によると、新技術では目から水晶体を除去し、空になった水晶体カプセルの中に液体を入れたうえで、電子装置を搭載したレンズを液体内に設置するとしている。

この「サイボーグレンズ」を装着すると、眼鏡やコンタクトはおろか、望遠鏡や顕微鏡も二度と必要なくなる可能性がある。また、目で写真や動画を撮影することもできる。

コンピューターを埋め込んだこの人工レンズは、物体までの距離に合わせてピントを自動的に調整できる。レンズは眼球を動かすことで給電されるほか、近くの無線機器にも接続できる。

グーグルはこのレンズで老眼に加え、近眼や遠視、乱視といった目の問題も矯正できる可能性があるとしている。

一方でグーグルはプライバシー面の懸念にも言及。コンピューターを埋め込んだ目が始終データを送信していれば、捜査当局やハッカーに自身の身元を特定される可能性があるほか、足取りを追跡される恐れもあるという。

グーグルによれば、レンズから身元の特定につながる情報を除去することは可能。ただグーグルをはじめとするテクノロジー企業が特許申請した新技術については、最終的に製品化まで至らないケースも多い。

メールマガジン

[PR]