次のiPhoneは無線で充電? アップルが推進団体に加盟

開発失敗の危機を乗り越え世に出たiPhone。今後はどのような進化を遂げるのか

開発失敗の危機を乗り越え世に出たiPhone。今後はどのような進化を遂げるのか

アップルは既に、うっとうしいケーブルをなくすことへの関心を示している。腕時計型の「Apple Watch」は別売の磁気充電ドックを購入すれば無線で充電できる。「MacBook」の最新モデルはUSB接続端子が1つだけになった。

アップルは無線充電ドックを別売することで、iPhone関連の新たな収益源を確保できる。ユーザーはケーブルを使って電源に接続しなくても、充電ドックに置くだけで簡単にiPhoneを充電できる。

次のiPhoneについてはほかにも、縁取りをなくした全画面ディスプレーやガラス製の本体、ホームボタンがなくなるなどのうさわが飛び交っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]