ウィキペディア、英大衆紙デイリー・メールの引用を禁止

2017.02.10 Fri posted at 12:07 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 百科事典サイトのウィキペディアは10日までに、英大衆紙デイリー・メールの記事について「全般的に信頼できない」という判断から引用を禁止すると発表した。ウィキペディアがこうした措置を講じるのは異例。

デイリー・メールの記事の信憑性を巡っては、ウィキペディアにボランティアで貢献する編集者の間で以前から活発な論議が交わされてきた。編集者らは8日、「事実関係のチェックの乏しさ、センセーショナリズム、完全なでっち上げ」というデイリー・メールの評判を根拠として、引用禁止の方針を決めたと説明した。

この判断に基づき、デイリー・メールや傘下のサイトに関して、ウィキペディアへの記事引用は全般的に禁止するとした。「とりわけ信頼できる情報源がほかに存在する場合に」、当該の措置が取られるという。

さらに、デイリー・メールを引用しようとすると警告が出る「編集フィルター」の導入も勧告。ウィキペディアに掲載済みの内容もチェックして、デイリー・メールの引用部分は削除や入れ替えを行うよう編集者に促した。

ウィキペディアはそれ自体も、不正確な内容が含まれていると指摘されてきた。ただ同サイトでは、複数の専属編集者が、間違いや疑わしい内容をチェックしている。

編集者の一部からは、デイリー・メールには信頼できる記事もあるなどとして、引用禁止に反対する意見も出たという。

デイリー・メールにコメントを求めたが返答はなかった。

メールマガジン

[PR]