スカーフ姿のイスラム女性表す絵文字、15歳少女が発案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新たな絵文字を提案したラユーフ・アルフメディさん=本人提供

新たな絵文字を提案したラユーフ・アルフメディさん=本人提供

ネット界の大物たちの支援も受けた。

例えばソーシャルメディア「レディット」のアレクシス・オハニアン共同創業者はラユーフさんを支援するため、13日にオンライン討論会を主催。ラユーフさんは提案について説明を行った。

ラユーフさんによれば、一部には「不必要だ」とか「抑圧のシンボルだ」として反対する人もいたが、参加者のほとんどは賛成してくれたという。

「一般的に人は多様性の実現に向けて努力したいと思うものだ」とラユーフさんは言う。

ラユーフさんは11月に開催されるユニコード技術委員会に出席、改めてプレゼンを行う予定だ。

ヒジャブ女性の絵文字は来年にもスマートフォンで使えるようになる公算が大きい。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]