自動運転車がバスと接触、米グーグルが過失認める

ニューヨーク(CNNMoney) 米グーグルの自動運転車が公道を走行中にバスと接触する事故があり、グーグルは自動運転車にも責任の一端があったことを認めた。

グーグルはこれまで、自動運転車が絡む軽度な事故は17件あったものの、いずれも自動運転車側に過失はなかったと説明していた。

今回の事故では2月14日、グーグルの自動運転技術を搭載したハイブリッドSUV(スポーツ用多目的車)「レクサス450」が、グーグル本社のあるカリフォルニア州マウンテンビューで市内を走るバスと接触した。負傷者は出ていない。

グーグルによると、右側車線を走行していた自動運転車は、右折するため車線の右にいったん寄った後に、側溝付近に置いてあった土嚢(どのう)をよけようとして車線中央部に戻った。そこへ後ろから来たバスが自動運転車の左側面に接触した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]