イスラム教徒がパリ同時テロを非難 ツイッターにハッシュタグ

2015.11.17 Tue posted at 13:31 JST

[PR]

(CNN) パリの同時多発テロの犠牲者を悼む声が世界中から上がるなか、各地のイスラム教徒たちがソーシャルメディア上で、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の犯行を一斉に非難している。

ツイッターでは、テロには賛同しないという主張を示す「#NotInMyName(私の名の下の行為ではない)」のハッシュタグを使って、多数のイスラム教徒がテロへの抗議を表明している。

英ロンドン在住のジャーナリスト、シェーナズ・カーンさんは、イスラム教の聖典コーランにある「罪のない人を殺す者は全人類を殺したのと同じ」という一節をシェアした。同様の投稿はほかにも多数寄せられた。

2001年から米国に住んでいるというフィリスティン・アヤドさんはCNNとのインタビューで、「ISISをイスラム教徒とはみなさない。テロリストとみなす」と主張。「私が思うに、テロに宗教は関係ない。かれらは正当化しようのない行為を正当化するために、宗教のある面だけを拾い集めてそれらをねじ曲げているのだ」と語った。

アヤドさんは欧米文化にすっかりなじんでいるつもりだが、髪を覆うスカーフを着けて歩くと周囲から「イスラム教徒だ」というささやきが聞こえて傷つくという。

メールマガジン

[PR]