アップルウオッチ、発表会場で触ってみた

1分で分かる「アップルウオッチ」

(CNN) 米アップルが9日、新型スマートフォンの「iPhone(アイフォーン)6」と「iPhone6プラス」、腕時計型端末「アップルウオッチ」を発表したイベントに続き、報道陣やゲストが実機を手に取れる場が設けられた。CNN取材班がさっそくアップルウオッチを試してみた。

特設の広い会場には多数のiPhone6やアップルウオッチが展示されていた。iPhone6の方は自由に使ってみることができたが、アップルウオッチは様子が違う。デモ機はあらかじめ設定された画面や機能を繰り返し示すばかりで、実際にタッチパネルやボタンなどを使ってみることはできなかった。

アップルの従業員が来場者の手首に装着しては外すだけ。ただし従業員は腕に本物を着けていて、いくつかの機能を実演してくれる。

アップルウオッチのメモリーやバッテリー駆動時間、画面の解像度など、具体的な仕様の多くは未公表だ。通常タイプから高級タイプまで、3段階のモデルがそれぞれどう違うのかもはっきりしない。

アップルウオッチの発売時期は来年初めの予定。舞台裏ではまだ細かい調整が続いているのではないかと思われる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]