サルの自分撮り写真、著作権は誰のもの?

2014.08.12 Tue posted at 14:43 JST

[PR]

(CNN) サルが写真家のカメラを使って「自分撮り」したとされる写真を巡り、著作権は誰のものかという論争が持ち上がっている。

問題の写真は2011年、インドネシアに生息するクロザルが写真家のデービッド・スレーター氏のカメラを「借りて」、自分の姿を撮影したと伝えられている。このうちメスの1匹が撮った写真がネットで話題になり、オンライン百科事典のウィキペディアに掲載された。

スレーター氏は写真の掲載中止を求めたが、ウィキペディア側は動物が著作権を持つことはできないと主張、この写真に著作権はないと反論した。

この論争について法律専門家のダニー・セバロス氏は、写真などの作品が著作物と認定されるためには「作者」が必要だと指摘する。しかし米国や英国の法律では作者は人間でなければならず、動物や植物などの自然が作り出した産物に著作権は認められないという。

ただしその産物を作り出した動物が人間の所有物であれば、著作権はその人間のものになり得る。だがスレーター氏の場合はそれが当てはまらない。このためサルの自分撮り写真は公共物に分類され、誰でも許可なく使用できるとセバロス氏は解釈している。

メールマガジン

[PR]