人間と機械――繁栄の鍵は「協力」にあり

「ワトソン」はクイズ番組で人間のチャンピオン相手に勝利を収めた

「ワトソン」はクイズ番組で人間のチャンピオン相手に勝利を収めた

チェス盤の最初のマス目に米を1粒だけ置いた上で、64個のマス目すべてを埋めるまで、マス目ごとに米粒の数を倍増していってほしいと頼んだのである。

王様は当惑しながらも、財務担当の臣下に命じ、要望通りの褒美を与えた。

すると、最初は1粒だったのが2粒、4粒、8粒、16粒、32粒、64粒、128粒、256粒、512粒という風に倍々に増大し、チェス盤の半分にあたる32マス目に到達するころには、累計で40億粒以上となってしまった。これには臣下もひるんだが、倉庫にある米で足りるだろうと計算し、高をくくっていた。

だが、チェス盤には後半部が残っていた。そして、33マス目の40億粒から始まり、再び倍々にしていって最後の64マス目を迎えると、総計は1800京粒以上にまで膨れ上がったのである。世界中の米粒をかき集めても、まだ足りない。

この臣下は結局、王様によって処刑されたとも伝えられている。

今日のコンピューターの性能はいわば、チェス盤の後半部に入った段階だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]