アル・ゴア氏、ツイッターを買収しようとしていた

アル・ゴア氏

アル・ゴア氏

ニューヨーク(CNNMoney) アル・ゴア元米副大統領は17日、米ブルームバーグTVの番組で、短文投稿サイトのツイッターを買収しようとしたことがあると告白した。

同番組によると、ゴア氏はかつて経営していた米テレビ局「カレントTV」を共に創業したジョエル・ハイアット氏と共同で、ツイッターの買収を試みたという。

ゴア氏がツイッターに関心を示していたことは、米紙ニューヨーク・タイムズのニック・ビルトン記者がこのほど出版した「ハッチング・ツイッター」でも紹介されている。

同書の描写によれば、ゴア氏はサンフランシスコのホテルで2009年、ツイッター共同創業者のエバン・ウィリアムズ、ビズ・ストーンの両氏と会い、「大量のワインとテキーラ」を注いでいたとされる。

ツイッターを買収しようとしたのはゴア氏だけでなく、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)もツイッター経営陣と会っていたという。

結局ツイッターはどこにも買収されることなく、このほど新規株式公開を申請した。

ゴア氏はツイッターについて、「非常に有望であり、今や世界的な存在になった。素晴らしいビジネスだ」と絶賛している。

同氏はIT業界とのかかわりが深く、米アップルの取締役も務める。同社については「クック氏は素晴らしいCEOだ。彼独自のやり方で、スティーブ・ジョブズ氏の後を継いでみせた」と評価した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]