フェイスブックの「民主主義」が終わる? 投票制度打ち切りを提案

(CNN) 米交流サイト大手のフェイスブックは23日までに、ユーザー情報の扱いなどに関して重大な変更を行う場合にユーザーに投票権を与えて賛否を問う制度を打ち切りたいと表明した。

この提案をめぐって業界からは、「フェイスブックは大きすぎて民主主義には向かないという論理だ。まるで中国政府のようだ」(IT情報サイトのバズフィード)といった反発の声が上がっている。

ユーザーにデジタル投票権を与える制度は、フェイスブックが2009年に試験的に導入した。ユーザー情報とプライバシーの扱いに関して同社が大きな変更を行う場合、その提案に対して7000人がコメントすれば、賛否を問う投票が実施される仕組み。投票の結果、フェイスブックの実質ユーザーの30%が反対すれば提案は撤回されることになっていた。

同社は今回、この制度を撤廃し、ユーザーがフェイスブックのプライバシー担当者に質問を提出できる制度に切り替えたいと表明した。主な理由として、登録ユーザーが10億人を超す超巨大サイトになったこと、上場企業として各国の規制に従わなければならなくなったことを挙げている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]