「ハリー&メーガン」、初週の再生時間はネットフリックスのドキュメンタリー史上最高記録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘンリー王子、英王室の「無意識の偏見」批判 ドキュメンタリー番組

(CNN) 英王室を離脱したヘンリー王子とメーガン妃のドキュメンタリー番組「ハリー&メーガン」の前半3話は、初週の総再生時間が配信元ネットフリックスのドキュメンタリーとして過去最高を記録したことが分かった。

ネットフリックスが13日に発表したところによると、8日に公開された「ハリー&メーガン」前半の再生時間は、世界で計8155万時間に達した。

世界85カ国でTV番組トップ10のリストに登場し、英国では首位を獲得した。ネットフリックス全体では、連続ドラマ「ウェンズデー」の再生回数が10億回で、この週のトップだった。

前半の3話では、夫妻が交際期間の内幕や王室内部の「無意識の偏見」について語り、英大衆紙などの詮索(せんさく)を批判した。

後半の3話は15日から配信される予定で、その予告編が12日に公開された。王室離脱の経緯などを振り返る内容とみられる。

ネットフリックスは後半の予告編に添えた投稿の中で、「史上最大の注目を集めるラブストーリーのひとつ」と指摘し、どんなに熱心なファンも事情通も、これまで絶対に聞いたことのない話だと紹介している。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「英国王室」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]