ブレーブスがワールドシリーズ制す、26年ぶり 米大リーグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今年のワールドシリーズはアトランタ・ブレーブスが勝利した/Elsa/Getty Images

今年のワールドシリーズはアトランタ・ブレーブスが勝利した/Elsa/Getty Images

(CNN) 米大リーグのワールドシリーズ(7回戦制)は2日夜、テキサス州ヒューストンのミニッツメイドパークで第6戦が行われ、アトランタ・ブレーブス(ナ・リーグ)がヒューストン・アストロズ(ア・リーグ)を7―0で下し、対戦成績を4勝2敗として優勝した。ブレーブスの優勝は1995年以来26年ぶり。

ブレーブスは力強いピッチャー陣と3つの大きなホームランで試合に勝利した。第5戦までに優勝を決められず本拠地での歓喜の瞬間は逃したが、アトランタのトゥルーイストパークには数千人のファンが集まり、寒い星空の下で試合を見守った。

ワールドシリーズのMVPにはブレーブスのホルヘ・ソレアが選ばれた。

キューバ生まれのソレアはこの日、三回に推定飛距離約136メートルの特大3ランを放った。五回にはダンズビー・スワンソンが2ラン、七回にはフレディ・フリーマンがソロホームランを打った。

フリーマンは優勝後、「感情がわかない」としながらも「アトランタで皆の顔を見たらわいてきそうだ」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]