米サンフランシスコからホノルルまでの手漕ぎボート競争、最速記録誕生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サンフランシスコからホノルルまでを漕ぎ切ったボートチームのメンバー/Mikey Brown/Hawaii Sports Photography/Great Pacific Race/AP

サンフランシスコからホノルルまでを漕ぎ切ったボートチームのメンバー/Mikey Brown/Hawaii Sports Photography/Great Pacific Race/AP

(CNN) 米サンフランシスコ(SF)からハワイ州ホノルルまでの2400カイリ(約4445キロ)の区間を手漕ぎボートで争う「グレート・パシフィック・レース」がこのほど実施され、選手4人のチーム「Lat35レーシング」が30日間と7時間半の世界最速記録を樹立した。

同レースによると、これまでのギネス世界記録を約9日間縮めた。レースは選手2人と選手4人の部門があり、洋上で支援などはない。レースの公式サイトは、世界で最も過酷な試練が待ち受けるレースの1つと説明している。

優勝したボートは今年5月31日にサンフランシスコを出港し、先月30日にホノルルへ到着した。

チームの主将のジェイソン・コールドウェルさんは地元テレビ局KITVに、4人が交替で漕ぎ続けることが出来ると説明。1日24時間前へ進み続け、1人が1日12時間漕ぎ続けたという。

4人はレース参戦前と終了後にそれぞれ体重を量っていたが、レース後に計34.6キロ減っていたことがわかった。レース中には1日5000カロリーに相当する食事を摂取していたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]