手漕ぎボートで大西洋横断、35日の世界新記録 スコットランドの3兄弟

発煙筒を炊き、バグパイプを鳴らして航海の成功を祝うスコットランドの3兄弟/Atlantic Campaigns/Ben Duffy

発煙筒を炊き、バグパイプを鳴らして航海の成功を祝うスコットランドの3兄弟/Atlantic Campaigns/Ben Duffy

(CNN) 英スコットランドの3人の兄弟がこのほど、手漕ぎボートによって大西洋3000マイル(約4800キロ)を35日で横断する世界記録を樹立した。

ユアン・マクリーンさん(27)とジェーミーさん(26)、ラックランさん(21)の3人は昨年12月12日にアフリカ沖に位置するカナリア諸島を出発し、今月16日に3000マイルの長旅を終えて、カリブ海のアンティグア島に到着した。英PA通信が伝えた。

長旅は35日9時間9分での到着となった。この数字は数々の世界新記録の樹立につながった。3兄弟による海洋の横断が世界初だったほか、3人組による大西洋横断の世界最速記録ともなった。歴代で大西洋を横断した3人組として最年少の記録でもあるという。

スコットランドの旗を掲げ、快挙達成の喜びを爆発させる/Atlantic Campaigns/Ben Duffy
スコットランドの旗を掲げ、快挙達成の喜びを爆発させる/Atlantic Campaigns/Ben Duffy

3人の挑戦を伝えたフェイスブックページによれば、ボートがゴールに到達する際、彼らはバグパイプを演奏していた。

PA通信によれば、これまでの3人組による大西洋横断の最短記録は41日だった。

3兄弟は今回の挑戦を通じて、英国の子どものための慈善団体への募金活動なども行っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]