「ミッション:インポッシブル」新作、コロナ感染判明で撮影中断

人気スパイ映画シリーズ「ミッション:インポッシブル」で主演を務めるトム・クルーズ/Andrea Pattaro/AFP/Getty Images

人気スパイ映画シリーズ「ミッション:インポッシブル」で主演を務めるトム・クルーズ/Andrea Pattaro/AFP/Getty Images

(CNN) 米パラマウント映画は6日までに、人気スパイ映画シリーズ「ミッション:インポッシブル」の最新作の撮影を新型コロナウイルスの感染判明を受け一時的に中断するとの声明を発表した。

CNNが入手した声明は、陽性反応を示した製作スタッフの詳細には触れなかった。撮影中断は今月14日までとした。

今回の感染は、通常の検査で判明したという。

新作の「ミッション:インポッシブル7」のイタリアでの撮影は昨年2月、新型コロナ禍の影響で中止され、同年10月に再開されていた。

同年12月には、英紙「サン」が主役の米俳優トム・クルーズさんが新型コロナ予防策の対策を講じなかった撮影スタッフ2人を叱責した内容とする音声テープを入手して報道。

2人が撮影現場で一定の距離確保を守らず、約1.8メートル内の距離で立っていたことに堪忍袋の緒が切れたらしいと伝えていた。

最新作の公開は来年5月に予定されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]