2021年公開の新作映画、ネットでも同時配信へ 米ワーナー・ブラザース

新作映画の「ワンダーウーマン 1984」は今月、劇場とインターネットで同時に公開される/Clay Enos/Warner Bros.

新作映画の「ワンダーウーマン 1984」は今月、劇場とインターネットで同時に公開される/Clay Enos/Warner Bros.

ニューヨーク(CNN Business) 米映画製作大手ワーナー・ブラザースは6日までに、来年公開する全ての新作映画を劇場と同時にインターネット動画配信サービス「HBOマックス」でも鑑賞出来る営業方針を明らかにした。

新型コロナウイルスの影響を受けた措置。同社の親会社であるワーナーメディアの映画担当部門の最高責任者は声明で、新作映画の公開は劇場の生命線であることは承知しているものの、米国内の大半の映画館が来年中は収容能力を減らして営業するであろう現実を踏まえなければならないとも述べた。

新作を劇場と同時にインターネットでも配信するのはワーナー・ブラザースの競合相手も実施していない新たな手法で、将来的には映画公開のあり方を一新させる可能性もある。

ワーナーメディアによると、2021年に公開予定の新作には「マトリックス4」や「ゴジラVSコング」などの17作品がある。

ワーナー・ブラザースは先月、新作映画「ワンダーウーマン 1984」を今月25日に劇場とインターネットで同時に公開するとも発表していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]