映画「スター・ウォーズ」「アバター」新作は公開延期、「ムーラン」は未定に

新型コロナウイルスの流行で「スター・ウォーズ」シリーズの新作や「アバター」の続編が公開延期に/20th century fox;Lucasfilm ltd

新型コロナウイルスの流行で「スター・ウォーズ」シリーズの新作や「アバター」の続編が公開延期に/20th century fox;Lucasfilm ltd

ニューヨーク(CNN Business) 米ウォルト・ディズニー・スタジオは23日、2021年~27年に公開予定だった「スター・ウォーズ」シリーズの新作や「アバター」の続編について、公開を全て1年延期すると発表した。

つまり、来年の「アバター2」公開はなくなり、「スター・ウォーズ」新シリーズも2022年には登場しない。

8月21日に予定していた「ムーラン」の劇場公開は中止になった。新しい公開予定は発表していない。同作品は今年3月以来、何度も公開が延期されていた。

ディズニーは、「世界的な健康危機の間、映画の公開に関しては何も確定できないことが、この数カ月ではっきりした」と説明している。

ムーランの公開中止は、営業再開を模索していた映画館にとって大きな打撃となる。

ディズニーの発表を前に、世界最大の映画館チェーンを展開するAMCシアターは、米国での営業再開を8月半ばから下旬に延期すると発表していた。

しかし、ムーランに加えてワーナー・ブラザーズの「テネット」も公開未定となっていることから、パラマウントの「クワイエット・プレイス PARTII」が9月4日に公開されるまで、観客動員が期待できそうな大作映画は実質的に存在しない。

アバターのジェームズ・キャメロン監督は、「今回の延期について、私以上に失望している人はいない」とツイートした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]