ブロードウェー俳優、新型コロナの合併症で右脚切断 米

新型コロナ感染の俳優、合併症で右脚切断

(CNN) ブロードウェーの舞台で活躍する俳優のニック・コルデロさんが、新型コロナウイルス感染による合併症のため、右脚を切断する手術を受けた。妻のアマンダ・クルーツさんが自身のインスタグラムで明らかにした。

コルデロさんはトニー賞にノミネートされたこともあるスター俳優。新型コロナウイルスに感染し、自宅のある米ロサンゼルスの病院で2週間以上にわたり闘病を続けている。

集中治療室で鎮静状態に入って18日目、右脚に血栓ができるようになり、足先への血流が停止した。血栓の治療のために投与された抗凝血剤が血圧に影響を与えて腸内出血を引き起こし、18日に右脚切断の手術を受けることになった。

クルーツさんは18日、コルデロさんの手術は成功したと伝え、「夫は手術を切り抜けました。見るからに衰弱しているので、これは本当に大きなことです」と報告した。

友人たちは、クルーツさんの医療費や自宅で車いすを使えるようにするための改修費を支援しようと、クラウドファンディングサイトの「GoFundMe」を通じて寄付を募り始めた。

こうした支援についてクルーツさんは、「本当に胸がいっぱいです」と涙ながらに謝意を伝えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]