「ウッドストック」から50年、記念公演が中止に

会場の変更などもあったものの、最終的に記念公演の中止が決まった/WBAL

会場の変更などもあったものの、最終的に記念公演の中止が決まった/WBAL

(CNN) 米ニューヨーク州で1969年に催され、米国の伝説的な野外コンサートとして音楽史に刻まれる「ウッドストック・フェスティバル」の50周年を祝った記念公演が中止されることが8月1日までにわかった。

共同主催者が、予期せぬ障害が多く発生し、行事の開催を断念したと発表した。大物の多数の歌手やバンドなどをそろえたとする同行事「ウッドストック50」は今月16〜18日に開かれる計画だった。

共同主催者のマイケル・ラング氏は中止になったことを悲しむと述べた。同氏は69年の祭典の創設者の1人だった。

50周年行事については今年初期から開催が危ぶまれる問題が多発。4月には行事の資金面を担っていたマーケティング企業が撤退を発表。先月には、開催地として想定されていたニューヨーク州のワトキンス・グレン・インターナショナルが場所の提供を見合わせると述べていた。

この後、米メリーランド州の新たな会場で開催される計画が発表されていた。この会場があるハワード郡の行政当局幹部は中止を受けた声明で、行事を望んでいた誰もが抱く失望を共有していると残念がった。

出演が当初予定されていた大物歌手やバンドらには、マイリー・サイラス、チャンス・ザ・ラッパーなどが含まれた。69年のコンサートにも出たサンタナやデービッド・クロスビーらも登場する計画だった。ただ、ジェイ・Zやジョン・フォガティは数日前、出演の辞退を発表していた。

69年のウッドストック・フェスティバルはロックを中心に構成され、当時のヒッピー文化などの影響も色濃かった。数日間続いて数十万人規模の観客を集め、米国社会でも話題となっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]