香港のデモは「米国の作品」、中国が指弾

香港で、米国国旗を掲げて抗議デモに参加する人々/Getty Images/Getty Images AsiaPac/Getty Images

香港で、米国国旗を掲げて抗議デモに参加する人々/Getty Images/Getty Images AsiaPac/Getty Images

香港(CNN) 中国の華春瑩報道局長は8月1日までに、「逃亡犯条例」改正案の撤回を求めるデモなどが過去2カ月間続く香港情勢に触れ、「誰もが知っているように、米国の作品である」との見解を示した。

北京での記者会見で述べた。「中国は半自治区である香港への外国勢力の干渉は決して許さない」とし、「火をもて遊ぶ者は自らが焼身するはめになるだけ」とも主張した。

香港情勢に関連し、中国政府当局者による米国の介入への直接的な指弾では最も強い表現となっている。中国国内ではここ数カ月間、香港のデモの背後に西側勢力の工作があるとの臆測が流れていた。

香港の抗議デモの一部では過去に参加者が米国国旗を掲げる場面もみられた。

中国の国営メディアも、香港の混乱を米国の責任とする社説などが再三取り上げられている。

国営紙の環球時報は最近、香港の民主主義勢力の指導者と西側政府との間に前例のないレベルの接触があったとも報道。「逃亡犯条例改正案に抗議する勢力は米国の支援を受けていることは香港で公然の秘密」とも断じていた。

華春瑩報道局長はこの点に触れ、香港の民主主義勢力の著名な指導者と米国の政治家が公の場で会談したとのみ述べた。

一方、米国務省はCNNに当初寄せた声明で、同報道局長の見解について「馬鹿げた声明」と一蹴(いっしゅう)。ただ、この後に出した声明では外交規範により準じた表現に改め、「抗議活動に外国勢力が介在しているとの主張を全面的に退ける」とした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]