パーティーの騒音注意しに来た警官、飛び入りでロデオマシンの腕前披露 米テキサス州

カウボーイさながら、警官がロデオの腕前披露 米

(CNN) 米テキサス州でこのほど、パーティーの騒音に対する通報を受けて駆け付けた警官が、相手側に苦情を伝えるついでに現場にあったロデオマシンに飛び乗って腕前を披露する一幕があった。

州東部キルゴアの警官らは20日夜、騒音の通報を受けて1軒の民家を訪れた。民家ではパーティーの最中で、大音量の音楽が流れていた。裏庭には、遊園地のアトラクションで使用されるような牛をかたどったロデオマシンまで設置されていた。

パーティーに集まった人々に向けてもう少し静かにするように告げた後、警官の1人がおもむろにロデオマシンにまたがった。人々が見守るなかマシンが動き出すと、警官はカウボーイよろしくマシンの振動に合わせてバランスを取り始めた。

キルゴア警察署はフェイスブックへの投稿で当時の状況を説明。居合わせた人たちに音楽のボリュームを少し下げるよう頼んだところ、参加者の中にこの日誕生日を迎えた22歳の女性がいることが分かった。そこで誕生祝いに花を添えようと、キルゴア署のロデオテクニックを披露することにしたという。

ロデオマシンに乗った警官のフルネームは明かされていないが、フェイスブックに掲載された動画からはこの手のマシンに慣れている様子がうかがえる。片手で鞍(くら)をつかみ、もう一方の手を高い位置で保ってバランスを取りながら、激しい揺れを必要最小限の体の動きで受け流している。

30秒ほど乗りこなして見せたところで、警官はマシンから落下した。粋なパフォーマンスを披露した警官に、見物していた人々は歓声やハイタッチで応えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]