サッカーの「王様」ペレさん、感染症のためパリで入院

サッカーの元ブラジル代表のペレさん。尿路感染症のためパリで入院した/FRANCK FIFE/AFP/AFP/Getty Images

サッカーの元ブラジル代表のペレさん。尿路感染症のためパリで入院した/FRANCK FIFE/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) サッカーの元ブラジル代表で「王様」との愛称もあるペレさん(78)が尿路感染症のためパリで入院したことがわかった。ペレさんの広報担当が3日、明らかにした。

医師によれば、2日以内に退院できる見通し。

ペレさんはサッカー・ワールドカップ(W杯)で3度の優勝を果たすなど、史上最高のサッカー選手の1人とみられている。ペレさんは、パリSGのエムバペ選手と一緒にパリで行われたイベントに参加していた。

ペレさんはここ数年、健康問題を抱えている。2015年には前立腺肥大の治療のために入院。14年にも腎臓の症状のため数日間入院していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]